MENU

保険について聞きたい

 

保険にこれから加入しようと思っている場合、保険について色々と聞きたいと思う人も多いのではないでしょうか。保険商品について色々聞きたい場合には、保険会社に電話をして相談してみるのが一番だと思います。また、最近ではインターネットなどでも色々な保険会社の保険を一括で見積もることが出来るサイトもありますし、他にも、インターネットでシュミレーションをすることも出来る保険サイトもあります。大体の保険会社の目星がついてきたら、一度質問したいことを電話をかけて聞いてもいいですし、問い合わせフォームを使って聞いてみてもいいのではないでしょうか。

 

またサービスショップと呼ばれる保険のショップも最近ではショッピングモールなどの中に見かけるようになりました。保険のサービスショップでは保険のプロがライフプランに合わせた保険を作ってくれますし、保険の相談にも乗ってくれると思います。近くに代理店がない場合にはそちらへ行ってみて相談して見るのもいいと思いますし、直接生命保険会社に電話をかけて、生命保険の外交員の方に来ていただいて保険について説明してもらうというのもいいと思います。やはり保険に入る場合は、きちんと話を聞いてから入ったほうが安心ですし、保険の内容をしたうえで契約したほうがいいと思います。

保険の解約

保険の解約について紹介したいと思います。保険を解約する場合には、色々と考えると思いますが、保険に、もし人付き合いで加入していたのであれば、5年くらいたてば保険を販売した人に迷惑はかからないので、保険の解約を検討してもいいと思います。保険の解約をする場合には、まずは保険会社に電話をしましょう。そして保険を解約したい旨を伝えてどうすればいいのか、聞いてみましょう。保険の解約に必要な物というのはそれぞれの保険会社によって違うと思いますが保険証券、契約したときの印鑑、口座指定用紙などが必要になると思います。郵送で保険の解約が出来る場合もありますが、代理店に出向かないといけなかったり、販売員に来てもらわないといけないこともあると思います。

 

保険の解約に関して注意する点としては、新しい保険が成立してから保険を解約するようにしましょう。保険を先に解約してしまってから新しい保険に入れないということがわかっても、保険の解約を一度してしまうと元には戻せません。保険料が二回引き落とされるのがもったいないと思うかもしれませんが、その場合は前の保険料の引き落としを銀行にストップしてもらえばいいのです。ややこしいですが新しい保険証券が届いてから保険を解約したほうがいいですね。

保険を考えるタイミング

保険を考えるタイミングについてですが、保険に入る場合には、保険を考えるタイミングというものが人生の中にはあると思います。例えば家族のために保険を入ろうと思っている場合には、一家の大黒柱が何かあった場合に、残された人が生活していくためのお金を保険で保障しますから死亡保険が必要になってきます。結婚して家族が出来た男性の場合は一家の大黒柱として自分が死んだ場合の事を考えて保険を考える必要があると思います。また出産して子供が生まれた場合も、今までの保険内容でいいのか保険内容の見直しが必要になってくると思います。子供が小さいうちは保険での補償額を上げておく必要がありますが、子供が成人して、また夫婦二人だけになったときなどには保険金を下げておけばいいと思います。

 

このように保険を考えるタイミングというのは人生の中でいくつもあると思います。自分の家のライフプランにあわせて自分が入る保険、家族が入る保険などを考えてそのライフプランにそった保険金の額を設定して保険に加入するのが賢い保険の入り方です。必要もないのに、保険を沢山かければいいというわけではありませんから自分達の必要な時期に必要なお金が入るかどうかを考えて保険を考えましょう。